お客様の声リフォーム
国土交通省 ダブル採択決定平成24年度地域型住宅ブランド化事業平成24年度住宅のゼロ・エネルギー化推進事業
大工にこっそり学ぶログ

音響熟成木材とは

音響熟成木材とは

  木造住宅で一番大事なものは「乾燥」だと言われています。その乾燥方法も色々ありますが、一般的には「自然乾燥」と「機械乾燥」に大きく分かれます。まず、木材にとって最もよい方法は「自然乾燥」ですが、乾燥にとても時間がかかり、乾燥途中で割れることや変形することがあり、ロスが多いため非常に割高になります。

  また、「機械乾燥」では熱風やスチーム等による高熱を利用して乾燥させます。そのため木材の最も大切な油やエキスが水分と共に失われ、同時に木の細胞が破壊されてしまい、木の本来の機能が失われています。

  そこで考え創りだしたのが「音響熟成木材」。常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させます。細胞が破壊されず、木材の持つ油分やエキスがそのまま残ることで、時間と共に美しいツヤもでてきます。

photo01

5大特徴

  • 1.常温で音響熟成するので、木材の細胞が破壊されずに生き生きしている。
  • 2.保水性が高く、乾燥時に水分の発散を行います。
  • 3.調湿作用がよくなり、結露防止や防カビ対策に役立ち、木材強度が増す。
  • 4.保湿性にに優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめる。
  • 5.油分が多く含まれているため、見た目も美しい。
photo02

音響熟成木材から生まれた「手作り家具」

当社独自の音響熟成木材をふんだんに使用した健康家具。音響熟成木材の5大特徴が生かされたまま作られているため、木のぬくもりをそのまま感じることができます。また、フローリングと同様、うづくり加工を施すことで、独特の質感や感触を楽しむことができます。時間の経過と共に味わい深い色へと表情を変えることでしょう。

photo03
photo04